レーシックとドライアイとの関係

ドライアイとなっている人でも、状況によりましてはレーシックの手術を受けることは出来ます。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。

 

そもそもドライアイというのは、長時間目を開けていることが出来ないで、異物感を感じる症状となります。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。
レーシック手術をしたいと考えている人の中には、ドライアイの症状がすでに出てしまっている人もいるかもしれません。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。 現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。



レーシックとドライアイとの関係ブログ:2017-07-14

ダイエットには
適度なトレーニングが欠かせないわけですが…

トレーニングは大きく分けて、
「有酸素トレーニング」と「無酸素トレーニング」とに分かれます。

体を動かすということは同じなのですが、
得られる効果がそれぞれ異なります。

まず、有酸素トレーニングは、
エネルギーを体の脂肪から供給して、
肺から取り込んだ酸素によって燃焼させます。

ですが、トレーニング開始直後は糖質が消費されるため、
この間はあまり、脂肪が消費されません。
ある程度の時間(20分以上)、
継続することによって脂肪が燃焼しはじめるのです。

ウォーキング、ジョギング、水泳、水中ウォーキング、
サイクリング、エアロバイクなどが有酸素トレーニングの代表例です。

また、トレーニングだけではなく
家事労働(掃除、洗濯、炊事、ショッピング、片付け、草むしりなど)も含めて、
体を動かし続ける活動は、すべて有酸素トレーニングとなります。

そして、
無酸素トレーニングの場合は脂肪ではなく、
血中の糖分やグリコーゲンが消費されます。

特徴としては無酸素状態、あるいは酸素が少ないために、
息苦しさを感じることの多い激しいトレーニングで、
筋力を鍛えることができます。

筋力トレーニング、短距離ダッシュなどが無酸素トレーニングの代表例ですが、
一般的に有酸素トレーニングといわれる水泳やジョギングも激しく行えば、
無酸素トレーニングになります。

それぞれに効果が異なるので、
自分の目的にあった効果が得られるトレーニングを
チョイスすることが大切ですね。

トレーニング前後の水分補給とストレッチは忘れずにしましょう!
効果的にトレーニングを取り入れて、
ダイエットを成功させましょう!

ホーム サイトマップ