レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。
レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。




レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2017-06-06

みなさまは食べる事の時
どのくらい噛んで食べていますか?

無意識のうちに食べ物を口に運び、飲み込む…
これを繰り返していませんか?

口に運んでから飲み込むまでの噛む回数が少なければ少ない程、
食べ物を飲み込んでいる可能性があるんですよね。

あたくしも以前は
あまり「噛む」という事を意識して、
食べる事をしていませんでした。

おかずとごはんを一度に口に入れて、
あまり噛まずに飲み込む…
これがさほどダイエットに影響を与えるとも
思っていなかったんです。

しかしある時から
30回は最低でも噛んで食べるようにし始めました。
すると食べる事の楽しみが増えたんです!

まず、
ごはんが今までよりおいしく感じるようになりました。
よく噛むことで食材の味がより出て、美味しく感じるんだと思います。

そしてもう一つ。
消化がよくなったんです。
恐らくそれまではあまり噛んでいなかったので、
消化されにくかったんだと思います。

それが、よく噛むことによって、食べた物が消化されやすくなり、
便秘が解消したんです。

便通がよくなるのは、
ダイエットにおいてもとても大切な事ですよね。

そして、一番変わったこと。
それは、あまり噛まずに食べていた頃よりも
満腹感が得られるようになったんです!

よく噛んだ方腹がいっぱいになる…
これは以前から聞いたことがあったのですが、それを実感しました。

むしろ、
それまでよりも少ない量でも十分満腹感があるので、
自然と食べる量も減ってきました。

食べる事が前より美味しく感じるようになって、
さらに食べる量も減って便通もよくなった!
ただよく噛んで食べるようにしただけで、これだけ変わったんですよ!

みなさまも、
ぜひ食べる事の時に、
よく噛むことを意識するようにしてみてくださいね。



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
最も気になるレーシックの治療費用
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック手術を賢く選択する方法