レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。
レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。

ホホバオイルおすすめ
http://www.suplinx.com/shop/e/ejojoba/



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2017-07-09

腹筋運動に関する勘違いで、
特に多いのが、腹筋運動を50回や100回など
多くやれば効果的だと認識されていることです。

テレビで減量に成功したタレントが
「毎日、腹筋運動を100回やっています!」
なんて言ってたりしますが…

減量に詳しくない人が見れば、
それが正しいと思ってしまうかもしれませんが、
実際は回数を多くやっても
減量効果が上げるワケでないんですよね!

腹筋運動を100回やったとしても
思うような効果を得ることはできないでしょう。

そもそも高回数の運動は
筋肉を鍛えることの論点がズレているからです。

50回や100回など回数を多く行うのは、
筋肉の持久力の向上を目的として行うのが
運動学では基本的なことです。

減量では
筋肉を鍛えて代謝が上げ、体脂肪燃焼効果を向上させたり、
からだのラインを引き締めるために筋肉を鍛えます。
このような場合、高回数の運動は適していないのです。

ではどのくらいの回数が適しているかと言うと、
減量では15〜20回が適しているのです。

「えっ少なくない!?」と思うかもしれませんが、
筋肉を鍛えるために重要なのは回数ではなく、
筋肉にしっかりと効かすことなのです。

意識を集中して鍛えることで
15〜20回の回数でもしっかりと効かすことができるのです。

大切なのは
「しっかり意識を集中して鍛える」ことです。

1セット15〜20回で行い、
2〜3セット行うのが効果的な
ウエスト周りの筋肉の鍛え方となります。

おしまい!!!

ホーム サイトマップ