レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2016-08-23


減量と体操は切り離せない関係にあります。
でも「痩せたい!」と切望している人が、
全員体操好きとは限りませんよね。

むしろ体操が苦手だったり、
普段体操を行う機会がないからこそ、
減量が必要な体型になってしまったのでは?…と、
厳しい見方をすることもできます。

体操が減量に効果的なことは、
今や周知の事実なんですが、
体操が嫌いな方は、
どうにかして体操せずに痩せようと、あれこれ頑張ります。

食事制限減量や半身浴減量、
レコーディング減量…などなど

むしろ最近では、
たまに思い出したように体操するぐらいなら、
かえってしない方が減量には効果的…
なんて意見もちらほら聞きます。

もちろん、体操せずに減量しても、
「絶対に成功できない!」とは言い切れません。

でも、体操した方が
減量を成功させやすいことは間違いなさそうです。

ある大学の研究で、
減量に体操を取り入れたグループと
体操を取り入れないグループを比較してみたところ…

一切体操しないで減量に励んだグループは、
目標体重まで減量するのにかなり時間を要した上に、
食事制限でストレスに悩まされたり、
挫折しやすい精神状態になる…という結果が出ています。

また、減量の内容も、
体操するグループは効率良く脂肪を落としたのにも関わらず、
体操しないグループは必要な筋肉が減り、スタミナも衰えたそうです。
要するに、疲れやすいからだになってしまっていたのです。

効率よく痩せたいなら、
やはり体操は欠かせないんですね!



船橋市 不動産はこちら
http://www.ichikenhome.jp/


ホーム サイトマップ